AmazonフォトとGoogleフォトを比較!どちらを選ぶべきか使ってみた意見を書いていきます

Amazon photoとGoogleフォトを比較amazon photos
新品同様の商品をお手ごろな価格で
↓↓

Amazonアウトレットを覗いてみる

AmazonフォトとGoogleフォト、どっちをメインとして使えばいいの?そのように悩んでいますでしょうか?

2つは容量無制限で写真を保存できますが、機能面や価格に違いがあります。

この記事では、実際に1年間、AmazonフォトとGoogleフォトを使ってみた結果、どっちがおすすめなのか、はっきり書いていきます。

Amazonフォトを目的に、プライム会員に登録したほうがいいのか?迷っている方は、最後まで読むようにしてください。

Amazonプライムの無料体験を試す

AmazonフォトとGoogleフォトを比較

まずは、簡単に機能面の比較をしていきましょう。以下の、表を見てください。

amazon photogoogle photo
写真容量無制限無制限
動画容量5GBまで無制限(1080P以上の動画は圧縮)
画素数無圧縮
(RAW等高画質の写真も無圧縮)
1600万画素以上の写真は自動で圧縮
アルバム機能ありあり
顔認証システムありあり
価格月額500円(プライム会員特典)無料

写真保存の容量に関しては、双方同じです。

動画の保存容量に関しては、Googleフォトが無制限なのに対して、Amazonフォトは5Bまでとなっています。

写真がきれいに保存されるかに関しては、Amazonフォトが無圧縮で保存されるのに対して、Googleは一定のサイズを超えると圧縮される仕組みです。

最後に、価格面ですが、Amazonフォトはプライム会員の特典となっているので、月額500円かかりますが、Googleフォトは無料。

この比較表を見てみると、Googleフォトのほうが総合的に上回っている印象です。

Googleフォトの特徴

上の比較表以外にも、Googleフォトは、以下のような特徴があります。

  • 無料
  • 容量無制限(1600万画素以上は圧縮)
  • 動画も無制限(1080p以上の動画は圧縮)
  • 顔認識システム
  • 自動アルバム作成
  • 写真共有機能
  • どの端末からでも見れる
  • 自動バックアップ

Googleフォトは、無料で写真・動画を無限に保存できます。

写真と動画のサイズは自動で圧縮されますが、よほど高機能なスマホを使っていない限り、目に見える違いはありません。

特に、Googleフォトは、顔認証システムが優秀で、10年以上前の写真でも正確に分けてくれます。

Amazonフォトと比べて、総合的には、Googleフォトのほうに軍配が上がります。

Amazonフォトの特徴

Amazonフォトは、以下のような特徴があります。

  • Amazonプライム会員限定
  • 容量無制限
  • RAW/JPEGを無圧縮で保存
  • 動画は5GBまで無料対象
  • アルバム作成機能
  • どの端末からでも見れる
  • 写真共有機能
  • 顔認識システム

Amazonフォトは、プライム会員の特典となるので、月額500円かかります。

Googleフォトは動画も無制限で保存できましたが、Amazonフォトは5GBまでです。

ただ、AmazonフォトはRAWと呼ばれる、容量の大きい写真を、無劣化・容量無制限で保存してくれます。

JPEG(一般的な写真)も、Googleは1600画素数以上は圧縮されますが、Amazonフォトは画素数がどれだけ上がろうが、無劣化です。

「撮影したときの綺麗な状態で、この先何十年も保存したい」そのような方には、Googleフォトより、Amazonフォトをおすすめしたいです。

AmazonフォトとGoogleフォトの使い分け

AmazonフォトとGoogleフォトの特徴から、どのように使い分けていくのがいいのか?以下に1年間使ってみた考えを書いていきます。

普段からスマホだけを利用する方はGoogleフォトがおすすめ

普段からスマホだけで写真や動画を撮影している方は、Googleフォトがおすすめです。

顔認証が高精度なので、写真を見返すときにすごく便利ですし、自動アルバム作成機能もなかなかおもしろい。

Amazonフォトと違って、動画も無制限でアップできるので、スマホにある写真・動画のデータをすべてバックアップしてくれます。

結果的に、スマホ容量に余裕ができるので、新たに写真や動画をたくさん撮影できます。

一眼やデジカメを使う人はAmazonフォト

一方Amazonフォトは、どちらかというと、一眼やデジカメを使用している方向けです。

写真の画質が無劣化で保存される機能は、Googleフォトにありません。

一眼やデジカメで写真を撮影する方は、「きれいな写真のまま保存したい」と考える方が多いですよね。

容量の大きい写真も、無劣化で保存できるのはAmazonフォトだけです。

ただ、「きれいな写真のまま保存したい」と思うのは、一般の方も同じですよね。

スマホしか使わないけど「何十年先も、撮影したときの写真であってほしい」と思う方も、当然Amazonフォトがおすすめです。

Amazonフォトは本格的な写真を取る方向けでもある

AmazonフォトとGoogleフォトを比較してみた結果、Googleフォトは幅広い一般ユーザーが使いやすいようにできています。

Amazonフォトは、写真を無劣化で保存できることが、写真を本格的に撮影する方に嬉しい機能となっています。(もちろん通常のユーザーにとっても嬉しい)

RAWは容量は、JPEG(通常の写真)の3倍以上のサイズですからね。

もし、「カメラで撮影をたくさんしたい」と考えているのであれば、迷わずAmazonフォトを選んでいいいでしょう。

Amazon Photosを商業利用してはいけない

容量無制限で写真を保存できるAmazonフォト。ご使用の際は、以下のルールを守って使うようにしてください。

でないと、アカウント凍結などのリスクもあります。

なので、必ず一読するようにしてくださいね。

Amazon Photos利用規約を参照しています。

商業利用になること
  • 第三者の代わりに、Amazonフォトに写真を保存すること
  • Amazonフォトの機能を、販売すること

例えば、「自分はAmazonフォトを使用しないので、友達に使ってもらい、その見返りとして月額100円を徴収する」といった使い方です。

Amazonフォトの機能を、販売することとなるので違反ですよね。

まあ、お金を儲けようとせずに、普通に使っていればこの規約に触れることはありませんので、安心して利用してください

Amazonフォトに動画を保存する方法

Amazonフォトは動画が保存できる、5GB分のストレージが無料でもらえます。

スマホにある動画も、Amazonフォトに保存できるのです。

でも、5GBって動画2,3個分ぐらいで、実際のところは大量に保存できる容量ではありません。

スマホの容量を圧迫しているのは、写真よりも1本の動画によるものが、はるかに大きいです。

「スマホの容量がパンパンで、動画を消そうか迷ってる」方は、5GB分のストレージを1TB(1000GB)まで増やせるAmazon Driveを使うと、動画の容量を気にせずAmazonフォトにアップロードできるようになります。

(Amazon Driveは、クラウドで写真や動画などを保存できるサービスです)

Amazon Driveを使えば、スマホの内容(写真、動画)を、Amazonフォトに完全にバックアップすることができ、操作方法もAmazonフォトと変わらないので、使い方を新たに覚えるといった手間もありません。

「動画を消さないと新しい動画を撮影できない」とスマホの容量がいっぱいの方は、一度、Amazon Driveの詳細を見に行ってみましょう。

コメント